facebook、リブラ発行へ

リブラの導入 決定企業が出てます。

フェイスブックが仮想通貨「リブラ」発行へ、ビザやウーバーなど参加
米フェイスブック(FB)は18日、仮想通貨計画を発表した。FBは米ドルのように世界規模で取引に利用される仮想通貨を目指す。

参照:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-06-18/PTALBI6VDKHS01

ウーバーやクレカ、来年のスタートまでに100社集めるそうです。

※リブラとは、ブロックチェーンを基盤技術に用いて現実の資産によって担保されている仮想通貨です。法定通貨などと一定の比率で交換できる為、送金や決済に利用できます。

ちなみにfacebookのリブラは米ドルと1対1で交換するドルペッグ制となっています。

一方、日本でもLINEが今月にも金融庁から取引所の認可が下ろされる見通しとのニュースです。

LINE、国内で仮想通貨の取引開始へ-来月にも

無料通信アプリを手掛けるLINE(ライン)は、仮想通貨交換業者として近く金融庁に登録を済ませ、早ければ来月中にも国内でビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)の取引を開始する。

参照:https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-06-20/line-said-to-near-approval-of-japan-license-for-crypto-exchange

LINEは別途、銀行免許も所有しており、ショッピングモールなどの分野進出へも意欲を見せている様子です。

仮想通貨で普通に買い物ができる時代がすぐそこまで来ているということ。

さらに投機対象でしかなかった仮想通貨が、国境を有しない世界的規模の通貨とし決済・送金の金融インフラとして幅広く浸透し、さらにfacebookやLINEなどのIT企業が続々と金融の世界へ参入してくる。

これはすごいことになりそうですね!

 

市況リポート アンディ・ナン氏

プロフィール1964年生まれ、石川県金沢市出身。防衛大学校卒業。情報のスペシャリスト。「アンディ」は香港でのビジネス上、必要不可欠なイングリッシュネーム。先祖代々混じり気の無い日本人。

防衛大学校にて、オペレーションズリサーチ、情報工学、暗号学、情報管理学など情報スペシャリストとしてのスキルを修得する。卒業後は広告の世界に身を投じ、業界で注目となる。

業界で注目を浴びた情報スキルを買われ、スティーブ・ジョブズにヘッドハンティングされるも、アップルの内紛に巻き込まれ取締役就任は実現せずに終わる。

梯子を外された形での独立が、アンディさんを生活困窮へと追い込んでいく中、ある人との出会いを機に状況は一変し、それまで固執していた販売促進という枠組みを飛び越えてSEOやアフィリエイト、FX、中国貿易など様々な事業で成功を収める。

ここ数年は本プロジェクトのビジネスに専念し、2年で資産を30倍以上にする。現在は埼玉県入間市で半隠居の身を楽しみながら同時に香港、中国にて複数の会社と事業を経営。

私が主催しているコミニュティにご興味がある方は以下から無料登録して確認してくださいね。
http://www.namni.net/us/t/code/kkml.html