仮想通貨を保管するウォレットに関して

 

仮想通貨を保管するために用意するウォレット。先回のお話では「パソコンだったり、スマートフォンだったり、ネット上だったり」という説明をさせて頂きました。

ここでは、さらに詳しくお話をしていきたいと思います。

抑えるべき5つのウォレットについて

抑えるべきウォレットは以下の5つです。

 

・パソコン上のウォレット
・インターネット上のウォレット
・モバイル端末上のウォレット
・紙のウォレット
・ハードウェアのウォレット

 

他にも色々なウォレットが存在しますが、とりあえずは、ここの5つの特徴を捉えておくだけでよいでしょう。仮想通貨の概要が分かってきたら、「他にどのようなウォレットがあるのか?」を調べていけばよいかと思います。

 

以下より、この5つについて簡単に各々の特徴を説明していきますので、まずはイメージを掴んでいきましょう。

パソコン上のウォレット「ソフトウェアウォレット」について

「クライアント」「デスクトップウォレット」と呼ばれる場合もある、パソコン上の財布となります。具体的には、自分自身が所持しているパソコンに、ウォレットソフトをインストールして管理するものなります。

つまり財布を自分自身のパソコンに作るということになります。ソフトウェアウォレットの最大の特徴は「手軽に利用することができる」という点になります。しかも、多機能なソフトウェアとなっているため、手軽さもありつつ、玄人でも満足することができる、幅広いターゲットに対応が可能となっています。

 

また、ネット上で管理するわけではないため、セキュリティ面でもある程度は安心することができます。

 

デメリットとしては…パソコンが故障をしてしまった場合です。この場合、ハードディスクが復活しなかったら、今まで保管をしていた仮想通貨を取り出すことができず大きな損失を出してしまいます。また、自身のパソコンをネット接続をしてしまえば、その分「ウィルス」の危険性もはらむことになるため、セキュリティ面で不安を残してしまいます。

 

先程、セキュリティ面について触れたとき「ある程度」という表現をした理由はここにあります。ともあれ、5つの中でもスタンダードなウォレットになることは間違いありません。

インターネット上のウォレット「オンラインウォレット」について

ウェブウォレットとも呼ばれ、ソフトウェアウォレットと同様、スタンダードな保管方法となります。このオンラインウォレットは、ウェブ銀行や証券会社で口座を作るイメージと同じです。自分自身の財布を、オンラインウォレットのサービスを提供している業者に依頼をして作るだけになります。

 

ウェブウォレットの特徴は、ネット環境があればどこからもアクセスできる手軽さにあります。世界共通の仮想通貨になるため、何処の国に言っても、ウェブにさえアクセスできる環境があれば、好きなときに管理することができます。

 

デメリットは…ウェブが故にリスクがどうしてもあるということになります。つまりセキュリティ面では不安が残るということです。昨今、不正アクセスの被害が後を絶ちません。

 

個人情報を抜かれてしまうことを始め、クレジットカードの不正利用など、本当に頻繁に発生している状況です。このような世界で、仮想通貨だけは安全…ということは、当然言うことはできず、このようなリスクは常々あるということは理解しておきたいところ。

 

したがって、大きな額の仮想通貨を管理する場合は、オンラインウォレットではなく、もっとセキュリティの強い管理方法を選択する必要があるわけです(後術する「紙のウォレット」がこれにあたります)。

ただ、手軽さは、群を抜いてよいため、少額のビットコインを保管して使う程度であれば、積極的に利用をしていきたいところです。

モバイル端末上のウォレット「モバイルウォレット」について

ご存知の通り、昨今、スマートフォンだったり、タブレットだったりが、当たり前に所有されている時代になっています。

 

特にスマートフォンに関しては、持っていないと生活ができないというレベルになってきていると言っても過言ではないかもしれません。そんなモバイル端末を使ってウォレットを使用することができるサービスとなっています。ある意味で、ソフトウェアウォレットとオンラインウォレットのちょうど中間に位置するウォレットというイメージがよいかもしれません。

 

特徴は、持ち運びに便利という点。

 

「持ち運び」実際に仮想通貨を持って移動をするということです。お金も財布の中に現金を入れて移動をしますが、これと同じイメージというわけです。つまり、前出のソフトウェアウォレットやオンラインウォレットは、持ち運びができないと言い換えることができます。

 

最近では、実店舗でも仮想通貨が利用できるお店が増えてきたため、このように持ち運びができると、支払いができるわけですから「便利」となり、メリットになるわけですね。

デメリットは、やはりセキュリティ面です。オンラインウォレットやソフトウェアウォレットと同様に、モバイル端末自体がネットに接続ができるアイテムのため、完全なオフライン状態ではありません。したがって、ウィルスなどに感染してしまえば、仮想通貨を盗まれてしまう可能性もあります。

 

また、モバイル端末を落としてしまい第三者の手に渡るリスクも兼ねている状況。こういったリスクがあるため、モバイルウォレットも、オンラインウォレットと同様、多額の仮想通貨は保管せずに、あくまでも少額で利用するようにしたいところです。

紙のウォレット「ペーパーウォレット」について

言葉からも分かる通り、仮想通貨を紙で管理するウォレットで「ペーパーウォレット」と呼びます。なかなかイメージが湧きにくいかもしれませんが、アドレスと秘密鍵を印刷することで保管が可能となっています。

 

アドレスとは、識別子のようなもので、27文字~34文字の英数字で表現されます。そして、そのアドレスを保証してあげるものが「秘密鍵」となるわけです。ここでは詳しく説明をしませんが、とある場所に金庫を置いて(アドレス)、その中に仮想通貨を入れて(保管)、鍵を閉めて保管(秘密鍵)をしておくイメージでよいかと。

 

さて、このペーパーウォレットの最大の特徴は「セキュリティ面がずば抜けてよい」ということです。オンラインで狙われることもないため、誰も触れられない場所にペーパーウォレットを管理しておけば、盗まれることはまずないといえます。

 

したがって、高額の仮想通貨を保管するウォレットとしてよく利用されることになります。管理を徹底する人は、銀行の貸し金庫に保管をしたりしているようです。

デメリットは「使いにくい」という点です。

 

先に挙げた3つの方法である、ソフトウェアウォレット、オンラインウォレット、モバイルウォレットは手軽さが最大の武器になりますが、ペーパーウォレットは全く逆の性質を持っているわけです。つまり、リアル店舗で仮想通貨を使って支払おうとした場合、ペーパーウォレットは直ぐに出すことはできずに手間取ってしまうわけです。

 

また、セキュリティ面で優秀と言っても…「形あるもの何れ壊れる」という格言もある通り、アドレスなどの文字が読めなくなってしまう可能性もあります。となると、保管していても取り出せなくなってしまう可能性も秘めていることは理解しておきたいところですね。

ハードウェアで保管する「ハードウェアウォレット」について

最後に紹介するウォレットは「ハードウェアウォレット」になります。

 

イメージとしては、ペーパーウォレットをハードウェアで管理するといったところでしょうか。専用のハードウェアに仮想通貨を保管させるわけです。ペーパーウォレットと違い、文字焼けなどでアドレスが見ることができなくなるというリスクはないため、昨今では、ハードウェアウォレットの方が利便性がよいと評価されています。

 

つまり、現行における、安全で、かつ安心して保管することができる一番のウォレットがハードウェアウォレットになるわけです。

 

ハードウェアウォレット…専用のハードウェアを用意するのであれば「それが故障してしまったら仮想通貨を抜き出すことができないのでは?」と感じた方もいらっしゃるかと思います。その通りで、こういったリスクがあることは理解しておきたいところです。しかし、ハードウェアウォレットの場合、バックアップも簡単にとることができるため、小まめに管理をしていけば、故障からのリスクは大きく低減することができます。

 

 

では、デメリットは「気軽に使えない」という以外、何かあるのか?と気になるところ。一言で言うと、ハードウェア自体が高額で、基本的には海外製に頼らないといけないという面です。特に「高額」というのは大きなネックで、相応の出費は覚悟しないといけません(相場はまちまちですが)

まとめ

ということで5つのウォレットについて簡単に説明をしました。

ビットコインを初めて利用するという人は、基本的に、先に説明をした3つ「ソフトウェアウォレット」「オンラインウォレット」「モバイルウォレット」「ハードウェアウォレット」が中心になるかと思います。入門編として、少額のビットコインを購入して、実際に使って感じてみると、さらに理解が深まることでしょう。

 

ちなみにですが、某サイトでは、このウォレット(オンラインウォレット)を擬似的に利用することができるサービスも展開しているため、これらも駆使して感じてみるとよいかと思います。色々と、用意しないことが多いビットコインですが、最初のハードルとなる部分なので、頑張って勉強をして理解をしていきましょう。