仮想通貨のウォレットを紹介(ソフトウェアウォレット編)

 

ここからは、様々なウォレットの具体的な使い方になります。最初に触れていくのは…ソフトウェアウォレット。代表的なソフトを、いくつか紹介していきたいと思います。

 

ちなみにですが「2-0.ビットコインを始める場合…英語力があった方がよい?」のお話を痛感するかもしれません。理由は単純で、海外ソフトがまだまだ主流であり、日本語版が少ないからです…。ともあれ、ソフトウェアウォレットについて触れていきましょう。

日本人向きの「Electrum」

真っ先に紹介したいソフトウェアウォレットは「Electrum」になります。その理由は「日本語にしっかりと対応している」ということと「ソフトウェア自体が軽い」ということ…そして「多機能」ということが挙げられます

 

・日本語にしっかりと対応している

ソフトウェアウォレットに限らず、ウォレットソフトは、日本語に対応をしているものが多くなってきています。したがって、特筆すべき点ではなくなりつつあるのは事実です。そんな中、敢えて特筆するのには理由があります。「しっかりとした日本語だから」というものになります。他の多くのソフトは、日本語に対応をしているといっても、機械翻訳日本語となっているのです。よく海外製のソフトを使うと、訳の分からない日本語があります。

 

接続詞が不自然だったり、語尾と文頭が全く合っていなかったりと…とにかく理解するのに苦労するわけです。しかし、Electrumはこういった機械翻訳日本語であっても、比較的分かりやすい部類に入るため日本人にとっては非常にありがたいというわけです。

 

・ソフトウェア自体が軽い

ソフトウェア自体が軽いというのは、簡単に起動ができるということを指しています。某ソフトウェアウォレットだとチェーンブロックを全てダウンロードをしないと利用ができないという状況になっています。しかも、起動ごとに最新の状態にしようとするため、とにかくストレスが溜まることが多いのです。

 

Electrumでは、こういった動作が全くないためストレスフリーで利用することができるというわけですね。ちなみに、このElectrumは「軽量型多機能ソフトウェアウォレット」の代表格としても、よく取り上げられます。

 

◇多機能という大きなメリット

Electrumの最大の特徴は、多機能だということです。例えば、オフライン環境でもビットコインの取引ができてしまう「コールドストレージ」という機能を持っているということ。他にも、ウォレット種を持っていれば、簡単に他PCにインストールしたElectrumが利用できるようになったりなど。

 

バックアップ機能も充実しているため、非常に安心して利用することができます。

軽くてサクサク動作の「Multibit」

続いて紹介するのが「Multibit」になります。こちらも、日本語対応版もリリースされており、日本人にとっては非常にありがたいソフトウェアウォレットとなっています。(インストール時など英語となっていることもありますが…)そして、最大のメリットは自動でバックアップをしてくれるということ。

 

以下より、もう少し詳しくお話をしていきたいと思います。

 

・とにかく手軽に利用することができる

先ほど、説明をしたElectrumも手軽に利用することができるソフトウェアウォレットですが、Multibitはそれ以上に手軽に利用することができるソフトになります。基本的に、これらのソフトはブロックチェーンを始め、様々な情報をダウンロードをして利用することになるわけですが、これが本当に遅い状況を作ってしまうわけです。

 

この重い状況を上手く処理してくれるソフトが、Multibitというわけです。ただし、その性能が反面、デメリットを作ってしまっていることも事実。それがセキュリティ面のお話になります。簡易版のようなイメージとなっているため、どうしてもセキュリティ面も不十分になってしまっている状況。

 

したがって、Multibitを利用するときは、こういったデメリットがあることは念頭に置いておきましょう。

 

◇自動的にバックアップできる機能は魅力的

正直なところ、ここからが本題と言ってもよいぐらい、このMultibitの最大の特徴をお伝えしたいと思います。それが、自動的にバックアップすることができる機能です。意外とありそうでなかなか見ることができない機能となっています(日本語に対応したソフトに限るとさらに少なくなってしまいます)。

 

元来、バックアップは定期的に行うものなのですが、手動の場合、どうしてもついつい忘れてしまうことが多々あるわけですね。となると、自動できるということは非常に魅力的といえます。そもそもセキュリティ面に不安が残るため、多額なビットコインを保管することに適しませんが、少額であっても、完全に失くなってしまうのはイヤですよね。

 

だからこそ、このような自動バックアップ機能がついているMultibitは魅力的といえ、オススメをしたい1つのソフトウェアウォレットになるのです。

まとめ

ここでは、「Electrum」と「Multibit」の2つだけを紹介しました。

 

言うまでもありませんが、他にも多くのソフトウェアウォレットが存在しています。代表的なところだと「BitcoinCore」「Copay」「mSIGNA」など。何れも、一長一短があるため、自分自身と相性がよいソフトウェアウォレットを探すことが大切になってきます。