三木谷浩史氏、仮想通貨技術を用いた「楽天コイン」構想を発表する!

IT大手、楽天の三木谷浩史会長兼社長は日本時間2月27日夕方に、スペイン・バルセロナで開催された世界最大規模のモバイル機器の展示会の場(携帯端末見本市「モバイル・ワールド・コングレス」)でスピーチをしました。

 

そこで、三木谷浩史会長は仮想通貨の管理技術で知られる「ブロックチェーン」を使って、自社サービスで手掛けるネット通販などのポイントなどを管理する「楽天コイン」をつくる構想を明らかにしたのです。

 

※米ITメディア「テッククランチ」より。

 

 

楽天の大きな特徴であるポイントサービスは、海外では利用できない制限があるので、おそらくその点に焦点をあてて、国内外のサービスにも使える仕組みを作ろうとしているのではないでしょうか?導入時期に関しては言及がなかったという。

 

現在の楽天スーパーポイントを今後、「楽天コイン」にしていくのだろうか。。。

 

どちらかというと後発組に入るのかもしれないですが、今現在はCMでもニュースでも取り上げられることが多いとはいえ、仮想通貨になじみの無い(あるいは未だに手がさせないでいる)人たちは、仮想通貨は便利なのかどうなのかイマイチピンときてないと思います。

 

そこで、「楽天ポイントと繋がって~」と考えると、楽天利用者・一般消費者にも一気に浸透していき、仮想通貨自体の信頼感やサービスの利便性も高まるような気がします。