ブロックチェーンの仕組み

インターネットは情報の革命。

ブロックチェーンは取引の革命といえます。

 

ブロックチェーンはビジネスにおいてとても重要な役割をはたすといわれており、ブロックチェーンは資産や取引情報を「台帳」と呼ばれるデジタルデータとしてネットワーク上で分散して保存され、全体で共有されます。つまりいわゆる中央集権的な仕組みではありません(繰り返しになりますが)

 

ビジネスを効率化するといわれていて、実際どのように効率化するのか~ですが、ブロックチェーンには4つほどの大きな特徴があります。

 

・分散台帳

ブロックチェーンでは、データやサーバーを中心となるひとつのシステムに保存するのではなく、ビジネスネットワーク上に参加する全てのコンピューターに接続された台帳によって共有しており、内容を同期させています。そうすることにより、仮にどれかひとつのコンピューターに障害があっても、全てのコンピューターが同じ情報(コピー)を持っているため、その情報が失われることがなく高い可用性を有する信頼性の高いシステムになっています。

 

・コンセンサス

「コンセンサス」とは「合意」という意味ですが、共有された台帳は全体の合意によって正確性が保証され、例えば間違った情報が入ってきたとしても、すぐに検出することができます。この法則により、データの改ざんや、不正取引のリスクを防ぐことができるのです。しかも、全体のコンセンサスがあるので対立する企業や団体同士であっても共同のプラットフォームを作ることができます。これによりどんな相手でも協業しやすくなるのです。第三者の仲介業者による取引の検証が必須ではなく、参加者同士が比較的自由に取引できます。

 

・スマートコントラクト

一言で言うと、契約の自動化ですね。情報は全てネットワーク上にあるので、処理を完全にデジタル化することができます。つまりブロックチェーンではあらゆるものが対象になり、処理が完全にデジタル化されます。

 

・プライバシー

実際に気になるのが、セキュリティ面ですよね!特に重要な情報を共有するとなるとなおさらです。まずブロックチェーンを利用する際ですが、特定の関係者のみがネットワークに参加できるという「許可型」という構築方法があります。その場合参加するためには、認証・認可が必要になります。またネットワーク上でのやり取りは全て暗号化され、当事者以外がトランザクションの記録や処理の結果にアクセスできないようになっています。