ブロックチェーンとは?

 

「ビットコインは怪しくない!安全性の高いサービス!」

 

上記は、「ビットコイン概要」の記事にて紹介した1つの特徴です。ですが…実際のところ、何故、安全性が高いサービスなのか?について、詳しく触れていませんでした。

そこで、本章では、その安全性が高いと言えるキーポイントとなる「ブロックチェーン構造」について触れていきます。仮想通貨というサービスが成り立つ上では、この「ブロックチェーン」が重要な技術ととされているんですね。

 

正直なところ、知らなくても問題はないため「安全性が高いのであれば問題ない」と割り切れる人は斜め読み程度で一読して頂ければよいかと。ともあれ、以下より「ブロックチェーン構造」について触れていきます。

 

「ブロックチェーン」とは、そもそもなんなのか!?といいますと、仮想通貨の核となる「取引データ」管理システムのことを指します。元々は2008年にビットコインの管理技術として開発され、今まで膨大な取引がおこなわれてきた中、現在に至るまで1回もデータの改ざんや、システムの不具合などはないとのこと。そうして注目を浴びるようになったんです。

 

前までは「ブロックチェーン」というとビットコインが主流でしたが、最近では、Ethereumなど他のブロックチェーンもできて、許可型のブロックチェーンなども存在しますが、この記事ではビットコインを中心にロックチェーンを説明します。「ブロックチェーン」が何故ここまで注目されているかというと、このシステム自体が今後のビジネスにおいて重要な役割を果たすといわれているんです。

 

ブロックチェーンとはざっくり言うと、資産や取引情報をネットワークで「分散」して保存し、それを「共有」できること。

 

重要な取引や、情報を数多くの企業や機関を通して取引する場合、今までの方法だとどうしても1つの処理に時間がかかってしまい、同時に費用もかさんでいました。

 

取引の記録が紙であることが主流の中、ブロックチェーンではデジタル上で済むことになりそうなのです。このデジタル上の取引記録をブロックチェーン状に保存されるのですが、このことを「台帳」と呼びます。そして、取引記録自体のことを「トランザクション」と呼びます。

 

ブロックチェーンとは、この取引記録(トランザクション)を、一つのブロックにまとめて、チェーンのようにつなげて保存したものになります。

そしてなぜこのシステムが安全かといいますと、先ほども述べたとおりこの取引記録をチェーン状に繋げることによって、データを変える、またはデータの改ざんをすることが不可能になります。

 

しかも、ブロックチェーンがあれば、仲介する管理者がいなくても取引記録を正式なものとして残せるのです。一般的な銀行振込みのように銀行に手数料を払うことなく、世界中の人々がお金を自由にやりとりできるようになります。

 

  • 維持費にコストがかからない
  • 取引履歴のあるユーザーを攻撃することは不可能なのでセキュリティが高い

 

今現在、一般の人が関わっている業界で取り扱われているデータなどは、大体が中央集権型のシステムで管理・構成されていますが、今後はブロックチェーン技術の応用によって何か変化が起きるかと思います。