仮想通貨とは?

ここ日本でも、だんだんと馴染み深くなった仮想通貨ですが、実際「仮想通貨って何?」と聞かれて答えられる人って少ないのではないでしょうか?

 

・仮想通貨って実際なんなの?
・何か危険な匂いがする…
・仕組みがわからない
・そんなに儲かるの?
・どうやって買うの?

 

色々、仮想通貨に対してそれぞれ疑問を持っていることと思います。

実際に仮想通貨に関して、あまり良いイメージを持っていない人の割合は多いと聞きます。ただ声を大にして伝えたいことは…特にビットコイン(仮想通貨の一種)は世界が認める安全性を持っており、合理性も兼ね備えた将来性豊かなサービスだということです。

 

この記事を読みに来てくれたということは、仮想通貨に関して興味を抱いてくれているということかと思います。ここでは、仮想通貨の魅力を伝えたく、これから詳しく説明をしていきたいと思います。仮想通貨は、よく「電子マネーみたいなもの」と表現されることがあります。有名どころですと、先ほど述べたビットコインやイーサリアム(ETH)や、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)あたりでしょうか?でもこれからどんどん増えていくのでなんともいえないのですが…。

 

根本的な部分、本質的な部分を見ていくと、全く似ても似つかぬ存在となっています。
では、仮想通貨とは、一体、どのような存在なのか?ビットコインを中心に、概要からまず理解していきましょう!

「管理者がいない!」これが大きな特徴

電子マネーには、必ず「利用者を管理」したり、「電子マネーの流れを管理」するような管理者が必ず存在します。

 

例えば、チャージされたことを認識し、それをデータとして記憶しておく管理者(サーバなど)そして、実際に端末やカードにチャージをする管理者も存在します。ここでいう「管理者」とは、サーバーであったり、実際の人であったり、様々ですが…仮想通貨には、このような管理が全く不要なのです。これが大きな特徴となっています。

 

誤解を恐れずにニュアンスを伝えるのであれば…電子マナーは、レジに人が立って、その人が合計金額を出し、お金のやりとりをするイメージです。つまり「レジの人」が管理者となっているわけです。しかし、仮想通貨の場合は、この「レジの人」が居なくとも、お金のやりとりなどは信頼性が保たれているため、出来てしまうシステムなのです。つまり、管理者がいなくても、サービスの利用ができてしまうわけですね。※詳しい説明は他の章で行うため、そちらも合わせて一読して頂ければと思います。

仮想通貨の信頼性について

 

そもそも、仮想通貨が世界中から注目される理由は、信頼性が抜群に高く、データの改ざんなどの不正が難しいということが挙げられます。(ビットコイン消失事件はビットコインの信頼性が低かったわけではなく、ビットコインの取引を行うシステム側に大きな欠陥があっただけのため、ビットコイン自体の信頼性は揺るがなかった)

 

では、何故、それほどまで信頼性が高いのか?

その答えは「ブロックチェーン」と呼ばれる技術で運用されているからです。こちらも、後ほど詳しく説明をしていくため、合わせて一読して頂ければよいかと思います。とりあえずは「そういった技術があって信頼性が非常に高くなっている」というメリットがあることをご理解ください。

 

完璧は存在しない…仮想通貨にも欠点はある

ここまで、仮想通貨の特徴と大きなメリットについて触れてきましたが…欠点があります。それが「取引の速度」です。仮想通貨の種類によっても異なりますが、取引・送金に時間がかかる場合があります。

 

そして、この遅さは、取引を円滑にできないため、世界中で取引が行われてしまうと、パンク状態になってしまう可能性がでてきてしまうことに。つまり、取引が頻繁に行われれば、そこに長蛇の列ができてしまって、タイムラグがどうしても出てしまうということですね。結果「リアルタイムに取引をしないといけない」というような0.1秒、0.01秒を争う世界では不向きなコンテンツになってしまっているわけです。

仮想通貨の将来性は!?投資する企業は非常に多い

上記の欠点というのは、それなりに大きな問題です。

 

しかし、この欠点さえ克服することができれば、本当に素晴らしい技術になることは間違いありません。特にビットコインに対して、多くのベンチャー企業だったり、メガバンクだったりが大規模な出資を行い研究開発している状況。つまり、こういった部分からも「将来性がある」ということを察することができます。ともあれ、仮想通貨を一言で概要を説明するのであれば…「将来性が豊かな素晴らしい次世代の通貨」といったところでしょう。

そもそも…仮想通貨(暗号通貨)って怪しいサービスではないの?

まず「仮想通貨とは何か?」を説明する前に、どうしても気になる「怪しいサービスではないのか?」という部分。この点から回答したいと思います。


結論から言うと…全く怪しくありません。

むしろ素晴らしいサービスで、全世界の主要の国では積極的に利用されているほどです。日本国内の一部企業でも利用している状況となっています。さらに…続々と「利用をしてみようか?」と検討している企業も登場しているため、今後、利用者数(利用企業数)が増加していく見込みとなっています。

 

これが結論になりますが…いきなり「全く怪しくありません」と言われても、信憑性に掛けますし説得力がありませんよね。そこで、何故、日本国内では怪しいサービスというイメージが付いてしまったのか?を説明をする必要があります。次より記載していきますので、ご一読ください。

ある大事件が「怪しい」というイメージを付けてしまった!

 

仮想通貨を語る上で、避けては通れない「ビットコイン消失事件」…。これが原因でビットコインは怪しいとイメージを植え付けてしまったわけです。簡単に、この事件の説明をすると…。

 

2014年に、東京・渋谷のビットコイン取引所「マウント・ゴックス」にて、200億円を超えるビットコインが消失したという事件になります。消失したとき、単純なサイバー攻撃と考えられ、絶対的な「安全性」を売りにしていたビットコインに疑問符が付いたため、大きなニュースとして取り上げられました。

 

が、蓋を開けてみれば、マルク・カルプレス容疑者の横領(データ不正操作)が行われただけの話だったのです。もちろん200億円という大きな額のため、それだけでも大きなニュースにはなりますが…ビットコイン自体の信頼性が揺らいだわけではなかったというわけですね。ただ…仮想通貨のことについて全くの無知の人たちは「やっぱり仮想通貨って危ないし怪しいんだね」とイメージを自分に植えつけてしまったのです。

ビットコイン消失事件は…あくまでも「不正操作」が原因

例えば…銀行で10万円が1,000万円になるような不正操作が行われたとします。このとき、お金というシステム自体に問題があったのか?と問われると答えはノーですよね。

 

あくまでも、10万円を1000万円にできるような操作ができること自体が問題であり、お金に問題があるわけではありません。つまり…「不正操作でお金を増やした!」「だからお金は怪しい!」と言っているようなものなのです。かなりの暴論ということは言うまでもありません。先程のビットコインの流失事件も同様のことです。

 

「不正操作でビットコインを盗んだ!」「だからビットコインは怪しい!」と言っている状況が、今の日本国内のイメージなのです。それでも徐々に一般的になりつつありますが…。ビットコインというシステム自体に問題があったわけではなく、あくまでも、200億円もの通貨を不正操作ができてしまうソフト側に問題があったというだけの話です。

 

ともあれ、仮想通貨という思想は、データ改ざんなどの不正は非常に難しい安全性が非常に高いものです。もちろん「全くリスクがない」とは言いませんが、先程の事件とは全くの無関係ということを、まずご理解をいただきたいと思います。

記事一覧
スポンサーリンク